アン皮膚科クリニック|大阪市淀川区の皮膚科・皮膚外科・美容皮膚科

一般皮膚科

一般皮膚科のご案内

代表的な症状

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、乾燥肌で皮膚のバリア機能が弱い人やアレルギーを起こしやすい体質の人に多く見られ、食品、ダニやハウスダストなどのほこり、遺伝など、原因も様々です。
かゆみと湿疹が主な症状で、よくなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らない病気としてもよく知られています。
生活習慣に密接した病気ですので、医院での治療とともに生活習慣を見直す事でも症状の改善がみられる事もあります。

治療について

主に外用薬と内用薬を併用します。
アトピー性皮膚炎の薬としてよく耳にするステロイドは、あまりいいイメージで記憶されていない方もいらっしゃるかもしれませんが、炎症を抑えるのに非常にすぐれています。医師の指示通りに使用していただければ問題ありませんのでご安心下さい。

じんましん(蕁麻疹)

じんましんは膨疹という特徴的な皮疹が出現し、多くは痒みを伴います。
掻いた部位が盛り上がったり、地図上にひろがったようにみえたりもしますが、ひとつひとつの皮疹は24時間以内に消えて、痕には残りません。まれな事ですが、気道内にも発症し、呼吸困難に陥る場合もあります。

治療について

一般的にはかゆみをおさえる抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の内服、その他軟膏等の外用薬をお使いいただきます。原因が特定できた場合は、その原因をできるだけ避けるようにしましょう。

にきび

にきびができて「あ?」と気持ちが滅入った経験をされたことがある方は多いでしょう。
にきびには黒にきびや白にきび、さらに炎症が起きて赤くなるにきびなど様々な段階があり、また症状の軽い方から重症の方まで幅広い段階のある病気です。
思春期ではホルモンバランスの乱れにより、毛包にアクネ菌が繁殖することになります。アダルトにきびでは角質層の乱れのほか、ストレスや不摂生な生活習慣の乱れも悪化因子となります。

治療について

まず当院では日本皮膚科学会の推奨するにきびガイドラインに沿って、アクネ菌に有効な抗生剤の軟膏外用とレチドイド類似作用のあるアダパレンの外用をしております。
また状態によりビタミン剤の内服や抗生剤の内服をしております。
さらにケミカルピーリング(当院ではサリチル酸マクロゴールピーリング)やレーザー治療(ロングパルスアレキサンドライトレーザー)や化粧品の相談もします。

水虫

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが、足など比較的むれやすい部位の皮下組織に繁殖、浸食する感染症で、水疱ができ、皮が剥けてきたり、痛痒感などを伴います。
白癬菌は、高温多湿、汗や汚れが残っていてアルカリ性に傾いている皮膚環境を好みます。足は特に靴をはいて過ごし、高温多湿の環境になってしまうので感染しやすい部位で、足の爪等にもよく繁殖します。
治まったようにみられても、角質の奥深くに入り込んだ菌が生きていて、再発を繰り返す事も多いので、患部は常に清潔な状態を保つよう心がけましょう。

治療について

おもに塗り薬の治療になります。爪白癬の場合は、硬い爪に塗り薬が浸透しないので、内服薬を処方します。また、レーザーでの治療も可能です。

巻爪

巻爪は、足の爪が横方向に曲がっている状態のことで、親指の爪に起こる場合が多いです。
巻き込む形や深さの程度によっては、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こすことがあります。その場合、出血または化膿を併発することがあります。

治療について

手術による治療やワイヤーなどによる矯正が一般的な治療法です。
患者さま本人の年齢、生活様式や症状に応じた治療法を選択いたします。
また出血・化膿している場合は、手術はしないまでも最低限の外科的な処置が必要になります。

尋常性乾癬

肘や膝などにかゆみの自覚が少なく、周囲の皮膚よりも少し盛り上がったガサガサした皮疹があり、なかなか治りにくい場合「乾癬」の可能性があります。
良くなったり悪くなったりを繰り返しますが、冬季に悪化することが多いです。
確定診断には皮膚生検が必要ですが、専門医の所見で症状がわかることも多くあります。

治療について

まず軟膏の治療が基本です。ステロイド剤とビタミンD3剤の交互外用をしてもらうことが多いです。症状の強い方やなかなか治りにくい方には紫外線療法(ナローバンドUVB)も併用していきます。さらに症状が強い方にはチガソンやネオーラルといった内服治療をしていきます。最近では生物学的製剤も開発されてきており、治療の幅がひろがってきております。

診療時間

診察時間
10:00〜13:00
14:30〜15:30
15:30~18:30

▲…手術・レーザー治療(予約制)

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒532-0023
大阪市淀川区十三東2丁目9番10号
十三駅前医療ビル 402

阪急各線「十三」駅 東出口すぐ

お気軽にお問い合わせください。

TEL:06-6838-4767
まつ毛貧毛症治療 外用薬 グラッシュビスタ®はこちら まつ毛貧毛症治療 外用薬 グラッシュビスタ®はこちら
AGA(男性型脱毛症)についてはこちら AGA(男性型脱毛症)についてはこちら
ワキ汗・ワキの多汗症のボトックス治療はこちら ワキ汗・ワキの多汗症のボトックス治療はこちら
HARG療法はこちら HARG療法はこちら

クリニック情報

診療科目

  • 皮膚科、皮膚外科、美容皮膚科


診療日

診察時間
10:00~13:00
14:30〜15:30
15:30~18:30

▲…手術・レーザー治療 (予約制)

休診日

水曜、土曜午後、日曜、祝日

アクセス

〒532-0023
大阪市淀川区十三東2丁目9番10号
十三駅前医療ビル 402

詳細はこちら
阪急各線「十三」駅東出口すぐ

TEL

お気軽にお問い合わせください。
06-6838-4767

PAGETOP
Copyright © 2018 アン皮膚科クリニック All Rights Reserved.