アン皮膚科クリニック|大阪市淀川区の皮膚科・皮膚外科・美容皮膚科

よくあるご質問

よくあるご質問

予約、受診について

予約がなくても受診できますか?
予約のない人も受診できます。当院では、2度目からの受診から予約をお取りしております。
初診の方は、そのままお越しください。また、月、火、木、金の午後2時~4時まで完全予約制にて手術時間を設けております。
一般診察では、予約のある方とない方が同じ時間枠でいる場合は予約の方、状態の悪い方が優先になります。ご了承ください。
予約があって来院したのに、すぐに呼ばれないのはなぜですか?
予約時間枠に来院された順にお呼びしております。
症状によっては、前後入れ替わる事もありますのでご了承ください。
当院では、待ち時間を短くするための目安とさせていただいています。
予約はどのようにとりますか?
・診察後会計時に受付カウンターにて予約をとらせていただいております。
・予約が必要な治療、処置のある方は前もって受付カウンターで予約をとらせていただいております。
・一般診察は、次回受診の予約を受付カウンターは電話にてお受けしています。
レーザーや処置を目的に受診したのに すぐに出来ないですか?
レーザー、手術、ケアは前もって準備が必要です。診察時に、診察日、時間、その他の説明を行います。土曜は緊急処置が必要な場合のみ行います。
車いすでも受診できますか?
当院は、4階へ上がるエレベーターがございますので、 受診していただく事可能です。

症状について

アトピー性皮膚科炎と言われています。どんな治療がありますか?
生活習慣によっても皮膚の状態は悪化することもありますので、日々のケアを見直す必要があります。皮膚の状態によって塗り薬を変えたり、必要あれば飲み薬も飲まなくてはなりません。皮膚科の専門医に継続して診てもらうよう必要があります。当院ではNBUVB(紫外線治療機)によるかゆみ軽減治療も行います。
乳幼児のアトピー性皮膚炎は皮膚科と小児科どちらを受診すれば良いですか?
皮膚科、小児科それぞれ選択する理由があります。
スキンケアや軟膏の使い方などは専門である皮膚科を選択された方が良いでしょう。また湿疹に混じる感染症なども症例を多く見ている皮膚科の方が判別できると考えられます。
しかし乳幼児は消化管の働きが大人に比べ不十分であるため食べ物を十分に消化できず、アレルギー性を持ったまま体に吸収されてしまいます。そのためアトピー性皮膚炎を持つお子さんの中には一部の方ですが食物アレルギーの関与があるのも事実です。そのような方には食物制限が必要となる場合があり、発育状態を考慮しながら食事制限を行える小児科を選択する方が良いと考えられます。皮膚科、小児科ともにこの患者さんはどのように治療するのがベストであるかを常に考えながら診察を行っており、適宜紹介なども行っています。まずは悩まずにどちらかの専門医を受診されるのが良いのではないでしょうか。
アトピー性皮膚炎は治らないのですか。
本症で出現した湿疹は放置しても自然に治癒することはありません。
また本症の湿疹は、全経過を眺めると難治性です。
しかし、その場その場での湿疹は決して難治性ではありません。
すなわち、再発が繰り返されることと、それが十分に完治しないうちに次の湿疹が上乗せされるために難治性となっていると考えられます。
本症の患者様の皮膚は、敏感、繊細である為、湿疹の再燃は避けられません。
再燃してきた湿疹をその都度完治させていくことが最も大切です。
皮膚科の専門医に継続して診てもらうよう必要があります。
最近フケが増えて、おデコや鼻の周りが赤くなってムズムズします。
脂漏性湿疹と思われます。飲み薬と塗り薬で治療します。増悪寛解を繰り返すため継続的な治療が必要です。市販の抗真菌剤入りシャンプーが有効なこともあります。まずは皮膚科専門医にご相談ください。
最近、爪が厚く白く濁っています。
爪白癬(爪の水虫)と思われます。現在、爪の水虫は飲み薬で治療します。まず爪を削って顕微鏡で調べ治療します。飲み薬はまれに肝機能障害をおこすことがあるため、血液検査を定期的に行う必要があります。
病院に行かずに、水虫を治すことはできますか?
「水虫」が正しい診断であれば、市販の水虫用塗り薬で治る場合もあります。しかし症状によっては、市販の薬でかぶれを起こしたり、悪化させることもありますので、皮膚科専門医で適した基剤の薬をもらいましょう。また爪水虫になると塗り薬だけでは治りにくく、飲み薬の適応もあります。
足の裏に小さな水ぶくれができて、皮がむけます。これは水虫でしょうか?
水虫であれば、「小水疱(すいほう)型」と呼ばれるタイプのものと考えられます。しかし、「汗疱(かんぽう)」や「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」という他の病気の場合も、同じように水ぶくれができたり、皮がむけたりする症状があらわれます。 水虫かどうかを調べるには、皮膚科専門医で検査をしてもらいましょう。
最近、ホクロが出来たり以前からのホクロが大きくなってきたりしています。
良性か悪性のものかによって大きく治療方法は異なります。視診にて判断できるものもあれば皮膚生検が必要な場合もあります。
当院では月、火、木、金の午後2時~4時まで完全予約制にて手術時間を設けております。局部麻酔(部分麻酔)で30~40分で手術は終了し帰宅して頂き、 一週間後に抜糸となります。
ホクロの中には悪性のものもありますので一度は皮膚科専門医の診断を受けることを勧めます。
爪が食い込んで痛いです。
陥入爪(巻き爪)と思われます。当醫院では人工爪、ワイヤー法、部分抜爪約30分の手術を行っており、術後は歩いて帰れます。当醫院に御相談下さい。
男性型脱毛症に対しての治療があると聞いたのですが?
プロペシアという男性型脱毛症に有効な内服薬があります。
ニキビの効果的な治し方ってなんですか?
一夜にして治す方法はありません。ニキビも程度がありますので、それによっても治療方法は違います。ニキビは一種の皮膚の病気です。化粧品のみや自己流にかたよらず、皮膚科で治療しましょう。
シミの治療はできますか?
一般にシミといわれるものには、老人性色素斑、肝斑、後天性真皮メラノサイトーシス、太田母斑などがあります。ビタミンCローション、ハイドロキノン、トレチノインといった外用剤による治療とレーザー、光治療を併用することが多いですが、疾患によって治療法はことなります。シミ治療は自費診療ですが、一部のシミはレーザー治療が保健適応となることもありますので、お気軽にご相談ください。

レーザー治療について

シミ・ソバカスはレーザーで治りますか?
シミにもいろいろな種類があり、レーザーで効くものと効かないものがあります。たとえば、加齢とともに頬などに丸くくっきりできた茶色のシミで老人性色素斑と診断されるシミはレーザーが効果的です。ソバカスは効果のある時とない時があります。レーザーを照射したあとに一時的に色素沈着がおこることがありますので、よくドクターから説明をうけてください。
健康保険で治療がうけられるものがあるそうですが、それはどんなタイプのものでしょうか?
現在のところ太田母斑(思春期になって目立ってくる目の周りの茶色から黒色のあざ)、異所性蒙古斑(青あざ)、外傷性刺青(けがの後で残った黒い傷)は健康保険で治療を受けることができます。これらは3ヶ月おきぐらいに3~4回治療すればきれいにできます。
痛みはありますか?
一般的には、輪ゴムではじかれたような軽い痛みがあります。人によって感じ方はさまざまですが、まずご心配いりません。
治療時間はどのくらいかかりますか?
レーザー光は直径3ミリで照射されますので、ちょうどしみを3ミリの点で塗りつぶす要領です。10円玉くらいのしみも2~3分で終わります。あっという間で、拍子抜けするくらいです。
治療後の経過はどうなりますか?
例えば、顔の場合ですと、10日程度でかさぶたがとれて薄いピンク色の新しい皮膚になります。1~2ヶ月目に一旦濃くなる方も1/3ほどいらっしゃいますが、ほとんどの方は3ヶ月程で綺麗になります。

ケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングはどんな肌に効果がありますか?
にきび、くすみ、にきび跡、肌の老化などに効果があります。一言で言えば、肌を大掃除して、若く、美しくする方法です。特に、治りにくいにきびの方には効果的です。
ケミカルピーリングは痛いという話を聞くのですが?
多少ピリピリするかもしれませんが、痛みはほとんどありませんので安心してください。
どのくらいで効果がでますか?
人によっては一度で効果を実感できる方もいらっしゃいますが、もっとも効果的なピーリングとしては2週間位に一度、4~5回考えていただいております。
副作用はありますか?
ピーリング後、肌が一時的に乾燥しやすくなることがありますが、一時的なものですぐにおさまります。ただ、それでも気になる方は診断を受けてください。
ピーリングするときの注意事項はありますか?
体調が悪い時は想定範囲外の反応が起こることがありますのでさけてください。紫外線暴露はシミ予防にはかかせないものです。施術有無にかかわらず、帽子、日傘、サンスクリーンなどの紫外線対策を心がけて下さい。

診療時間

診察時間
10:00〜13:00
14:30〜15:30
15:30~18:30

▲…手術・レーザー治療(予約制)

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒532-0023
大阪市淀川区十三東2丁目9番10号
十三駅前医療ビル 402

阪急各線「十三」駅 東出口すぐ

お気軽にお問い合わせください。

TEL:06-6838-4767
まつ毛貧毛症治療 外用薬 グラッシュビスタ®はこちら まつ毛貧毛症治療 外用薬 グラッシュビスタ®はこちら
AGA(男性型脱毛症)についてはこちら AGA(男性型脱毛症)についてはこちら
ワキ汗・ワキの多汗症のボトックス治療はこちら ワキ汗・ワキの多汗症のボトックス治療はこちら
HARG療法はこちら HARG療法はこちら

クリニック情報

診療科目

  • 皮膚科、皮膚外科、美容皮膚科


診療日

診察時間
10:00~13:00
14:30〜15:30
15:30~18:30

▲…手術・レーザー治療 (予約制)

休診日

水曜、土曜午後、日曜、祝日

アクセス

〒532-0023
大阪市淀川区十三東2丁目9番10号
十三駅前医療ビル 402

詳細はこちら
阪急各線「十三」駅東出口すぐ

TEL

お気軽にお問い合わせください。
06-6838-4767

PAGETOP
Copyright © 2018 アン皮膚科クリニック All Rights Reserved.