アン皮膚科クリニック|大阪市淀川区の皮膚科・皮膚外科・美容皮膚科

美容皮膚科

美容皮膚科のご案内

お困りの症状、ご希望は何ですか?

シミ

シミにはいろいろな種類があります。シミだと思っていても、実際はそうでないこともあります。日光黒子、肝斑(かんぱん)、そばかす、炎症後色素沈着、後天性メラノサイトーシス、扁平母斑、抗がん剤やピル内服による色素沈着、皮膚悪性腫瘍(基底細胞癌、悪性黒色腫)など様々です。いわゆるシミといった場合は日光黒子(老人性色素斑)を指します。

治療について

このシミ(日光黒子)はQスイッチアレキサンドライトレーザーが有効であり薄くすることができます。照射前に貼る麻酔や塗る麻酔をしますので、個人差はありますが、照射はほとんど痛みを伴いません。照射後は日焼けに注意が必要ですのでVCスティックやHQコンシーラーや日焼け止めを使ってケアをしたほうがよいです。
治療に適している時期は紫外線が弱まってきている冬場をお勧めします。

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)は、30~40歳代の女性に多い悩みといわれています。境界があいまいで、不規則な地図のようにみえる淡い褐色調のシミの一種です。額(ひたい)や頬(ほほ)、場合によっては口の周りに左右対称性にみられます。目の周囲には色がつかないのが特徴です。
ホルモンバランスの乱れ(妊娠、閉経、月経不順)、紫外線、ストレス、妊娠、化粧品、過度のマッサージなどが原因として知られています。

治療について

以前はレーザー治療が無効でしたが、最近では1064nmのQスイッチYAGレーザーを用いて薄くできることが知られています。
しかしやはり手強いシミの一つですので内服(ビタミンCとトラネキサム酸)を併用しながら治療をしていくことが必要です。
およそ2週間に1回照射していき、3回目くらいから効果を実感できる方が多いです。

美肌(しわ、くすみ、たるみ等)

老化現象は誰にでもおこる防ぎようのない現象です。
特に若い頃からあまり気にせずに太陽のもとで紫外線を浴びてきた肌はダメージを負っています。
美肌のレーザーをすることで皮膚を活性化し、新陳代謝を高め、キメの整ったより健康的なお肌にできます。
ダウンタイム(絆創膏を貼ったり、お化粧ができないなどの日常生活に支障が生じる、ダウンしている期間のことです。)がない治療であり、1回目から効果を実感できる治療です。

治療について

くすみ・キメ・小じわ・毛穴
「シミ1個のことではなくて、全体的にきれいにしたい」という方には美肌レザー(レーザーフェイシャル)をお勧めします。
波長が755nmのロングパルスアレキサンドライトレーザーを照射することで皮膚表面のくすみやキメ、小じわや毛穴の開きを改善してくれます。

たるみ・赤ら顔
波長が1064nmのロングパルスYAGレーザーを照射することで皮膚のより深い部分に作用し、コラーゲンの再構築を促しますので、皮膚のたるみを改善し、お肌を引き締める効果(スキンタイトニング)があります。

ホクロ・いぼ・スキンタッグ

ホクロ(色素性母斑)は他のシミに比べて根が深いです。特に盛り上がったホクロは根が深いため、切除術または炭酸ガス(CO2)レーザーで焼灼する必要があります。
顔は整容的な要素が強い部位ですので炭酸ガスレーザーをすることが多いです。
顔以外の部位の盛り上がったホクロは切除術をするのが一般的です。

治療について

いぼ
いぼと言った場合はウイルス性の手足によくできる移るいぼ(尋常性疣贅)と老化現象による移らない老人性いぼ(脂漏性角化症)があります。
老人性いぼは根が深くないですが、隆起しているケースが多いですので炭酸ガスレーザーまたは液体窒素療法での治療に適しております。

スキンタッグ
首にできる褐色調の移らないいぼの一種で、よく相談を受ける悩みの一つです。炭酸ガスレーザーまたは液体窒素療法のよい適応になります。

にきび、にきび痕

にきびができて「あ?」と気持ちが滅入った経験をされたことがある方は多いでしょう。
にきびには黒にきびや白にきび、さらに炎症が起きて赤くなるにきびなど様々な段階があり、また症状の軽い方から重症の方まで幅広い段階のある病気です。
思春期ではホルモンバランスの乱れにより、毛包にアクネ菌が繁殖することになります。アダルトにきびでは角質層の乱れのほか、ストレスや不摂生な生活習慣の乱れも悪化因子となります。

治療について

ケミカルピーリングまたはレーザー治療(ロングパルスYAGレーザー)をすることでコラーゲンの再構築をし凹凸差を減らし、にきび痕をわかりにくくすることができます。
この治療はにきび痕の深さに個人差があるため、効果を実感するのに回数を要します。

ムダ毛処理、脱毛したい

基本的に脱毛は医療行為とされています。医療用レーザー脱毛は医師が常駐・指導のもとでしか施行できず、エステと比べて高出力で照射可能な唯一の脱毛です。エステの場合は光脱毛でありレーザー脱毛と違います。
毛のメラニン色素にレーザー光が吸収されることで毛根に熱がすばやく伝わり瞬時に毛根を破壊し、毛の再生をおさえます。

脱毛のメカニズム

毛には周期があり毛がのびる「発育期」毛の成長がとまる「退行期」毛が抜け落ちる「休止期」に分けられます。
レーザーは毛のメラニン色素に反応しますので「発育期」の毛は反応しますが「休止期」の毛がない状態の毛根には反応しません。
従って1回で効果がありますが、永久脱毛が完了するのには平均5、6回の治療を要します。

うす毛(AGA:男性型脱毛症)

早い方では10~20代でもみられますが、30~50代の方に多くみられます。脱毛量の減少と軟毛の成長が期待できます。

こんな方はAGAかも?!当てはまったら要注意です
  • □ 家族(両親、兄弟、祖父母)に髪の毛が薄い人がいる
  • □ 今までなかったうぶ毛のような細くて短い髪の毛が生えてきた
  • □ 髪の毛にハリやコシがなくなってきた
  • □ 額の生え際が後退してきた
  • □ 頭頂部が薄くなってきた
  • □ シャンプーやブラッシングの後の抜け毛が多くなった
  • □ 思春期から抜けはじめ、徐々に薄毛が進行している
治療について

飲むAGA(男性型脱毛症)治療薬を1日1回、1錠を服用していただきます。副作用はほぼ心配ありませんが、1mgの服用で1~2%程度の方に胃部不快感、頭痛、腹痛、下痢などの体調不良から、肝機能障害、勃起不全、性欲減退などの症状があらわれた報告もありますので、医師の指示に従い、用法・用量を必ず守って服用して下さい。

診療時間

診察時間
10:00〜13:00
14:30〜15:30
15:30~18:30

▲…手術・レーザー治療(予約制)

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒532-0023
大阪市淀川区十三東2丁目9番10号
十三駅前医療ビル 402

阪急各線「十三」駅 東出口すぐ

お気軽にお問い合わせください。

TEL:06-6838-4767
まつ毛貧毛症治療 外用薬 グラッシュビスタ®はこちら まつ毛貧毛症治療 外用薬 グラッシュビスタ®はこちら
AGA(男性型脱毛症)についてはこちら AGA(男性型脱毛症)についてはこちら
ワキ汗・ワキの多汗症のボトックス治療はこちら ワキ汗・ワキの多汗症のボトックス治療はこちら
HARG療法はこちら HARG療法はこちら

クリニック情報

診療科目

  • 皮膚科、皮膚外科、美容皮膚科


診療日

診察時間
10:00~13:00
14:30〜15:30
15:30~18:30

▲…手術・レーザー治療 (予約制)

休診日

水曜、土曜午後、日曜、祝日

アクセス

〒532-0023
大阪市淀川区十三東2丁目9番10号
十三駅前医療ビル 402

詳細はこちら
阪急各線「十三」駅東出口すぐ

TEL

お気軽にお問い合わせください。
06-6838-4767

PAGETOP
Copyright © 2018 アン皮膚科クリニック All Rights Reserved.